新着記事

【夏の宵に茶を嗜む】富士山麓茶園の5代目から茶の神髄を学ぶ、オンライン茶会

株式会社ノットワールド(東京都)は、2021年8月4日(水)に【富士山麓の茶園】を舞台としたオンラインツアーを催行いたします。鎌倉時代から親しまれてきたお茶。コロナ禍において、緑茶等に含まれる「カテキン類」がウイルスの感染力を低下させる可能性があると注目されています。 ツアーにご登場いただくのは、創業昭和二年・富士山麓にて94年もの間お茶を作り続ける【富士山まる茂茶園】の5代目である本多茂兵衛さん。その手で銘茶を生みだす「茶師」が伝える、奥深きお茶の世界にご期待ください!

記事を読む

ソニーの「First Flight」で、新感覚お茶体験を提供する「棚田茶泊」のクラウドファンディングを開始

ソニーは、 スタートアップの創出と事業運営を⽀援する「Sony Startup Acceleration Program(SSAP)」によるスタートアップ⽀援サービスの⼀環として、国⽴⼤学法⼈東京⼤学(以下、東京⼤学)の学生・一般社団法人 Ignite Your Ambition・棚田オーナー・新潟県十日町市の方々による「棚田茶泊」のクラウドファンディング支援募集を、7月15日(木)より当社のウェブマーケティングサイト「First Flight」にて開始しました。

記事を読む

​​「レモン×日本茶」のマリアージュパフェ!  兵庫初の水出し日本茶専門店が新メニューを販売開始

「全国をお茶で旅する」をコンセプトに水出し製法にこだわった茶寮 百灯瀬(ももとせ)では、様々な食材と日本茶の組み合わせ(マリアージュ)を提案しています。 この夏新登場の「レモン×日本茶」のマリアージュパフェもその一つ。 レモンの酸味と日本茶の渋みや甘みのバランスが絶妙で、なんとも爽やかな後を引く美味しさです!(期間限定 8月6日(金)に終了予定) “また食べたくなる忘れられないパフェ”として大人気です!

記事を読む

<コーヒー豆研究所【Lab Signal】× 江戸時代から続く茶園【宮ザキ園】>コラボレーション新商品【オーカーほうじ茶】を販売スタート

Signal株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:加藤拓磨)は、オーカー(コーヒー豆)と愛知県岡崎市額田宮崎地区で茶園を営む「宮ザキ園」のほうじ茶(緑茶)を原材料として、コラボレーション商品【オーカーほうじ茶】を2021年7月15日(木)より発売いたしました。

記事を読む

ほうじ茶は名前で損をしている?コーヒーみたいに飲めるほうじ茶『HOZZEE(ホージー)』登場!

「なんとかプレッソ」などを企画・運営する株式会社じそく1じかんは、株式会社TeaRoomのサポートのもと、「とんちでお茶をおもしろく」をテーマにしたお茶ブランド『1000-19(せんのいっきゅう)』をスタート。2021年秋頃、第1弾商品として、コーヒーのように飲める新感覚のほうじ茶『HOZZEE(ホージー)』を発売する予定です。

記事を読む

【ロフト】おうち時間を楽しむ「夏茶スタイル」。水出しアイテムや、抽出機能付きタンブラーなど。

株式会社ロフト(東京都渋谷区)は、夏におすすめのティー・コーヒー用品を展開中です。水でゆっくり抽出するコールドブリューを楽しめる水出しアイテムや、抽出機能を兼ね備えたタンブラーなどのアイテムの他、コーヒーかすを使用する消臭ポットなどの関連アイテムがそろいます。また、銀座ロフトでは様々な茶葉やコーヒーも多数展開しています。

記事を読む
711 件