お歳暮を贈る時期

皆さん、お歳暮の準備はお済みですか。
関東地方では12月初旬~31日ごろ、関西地方では12月13日~31日ごろにお歳暮を贈ることが多いようです。

ただしこの時期はどのお店も混みあいますし、お歳暮をご準備する自身もお忙しく、うっかり送り忘れをしたり、品物や住所の間違いをしがちです。
送り先リストや誰に何を贈るかは、11月からご準備するのをオススメいたします。

12月25日以降は年越しの準備で忙しくなるご家庭が増えますから、避けたほうがよいでしょう。
ただしお正月用としてお送りする場合は、これに当てはまりません。
 (172)

お歳暮のはじまり

一説によるとお歳暮とは、新年に年神様へお供えする品物を、年の暮れに分家から本家へ、または嫁ぎ先から親元へ、弟子から家元へと持っていく公家や武家の行事でした。
江戸時代には商人を中心とした庶民にも普及したようです。

もとは一年間無事に過ごせたことを神様へ感謝していたのが、今はお世話になった方へと変わってきました。
相手は変われど、感謝を形にするという日本の良いしきたりは、これからも伝えていきたいものです。
 (169)

お歳暮には九州のお茶を

神様へのお供え物は、お酒や海産物、農産物など決まっていたようですが、お世話になった方への贈り物は、相手の好みがわからないと悩んでしまいます。
お正月は来客も増え、お茶を出す機会も多くなる時期ですから、日持ちもするお茶の贈り物は大歓迎されることでしょう。

緑茶といえば、静岡や宇治を思い浮かべる方も多いと思いますが、実は九州も各地で緑茶が生産されています。
最近は嬉野茶、知覧茶、八女茶などがお茶の名産地として高い評価を得ていて、注目されている九州。
特に宮崎県は緑茶の生産量、国内4位のお茶どころ。
宮崎茶は香りが良く甘みがあり、日本一美味しい煎茶だと、さまざまな品評会や流通関係者の間で高い評価を得ています。
お取り寄せギフトとしても、ランキング等で人気のブランドとなりつつあります。

関連する記事

著者