目次

ある時、町で若者の集まりがあり、自分の怖い物について話をしていた。
「俺はなめくじが怖いよ」
「俺は蟻だ。あいつら一列になって動きやがる」
ほかにも蜘蛛だ、蛇だと大騒ぎ。
その中で一人、生意気な奴が
「俺ァ怖いものなんざァねぇ!蛇なんか鉢巻にしちまうわ!」
と強気になっている。しかし
「何かおめぇだって恐ェもンあるだろ」
「おめぇの本当に怖いものは何だ」
と周りから言われ
「ま、そう言われりゃ実は恐いものあるんだ。あるんだけども……言えねぇんだ」
「そりゃどうしてだい」
「言うとな、寒気してくるからよ」
「構わねぇから。おめぇの恐いもの言ってみな」
「俺が怖ぇのは……饅頭だ」
と白状させられる。
「まんじゅうってどういう動物だ?」
「店で売っているアレだよ!ああ、思い出しただけで気持ち悪い」
と具合が悪そうにしているので、仲間が隣の部屋に布団を敷いてやると、そいつは床に入って毛布で顔をおおってしまった。

これを見て、さんざん怖いもので馬鹿にされた仲間たちは
「さァ、シャクな野郎に仇討ちだ!」
と、町へ出かけて金を出し合い、菓子屋から唐饅頭、そば饅頭、栗饅頭、葛饅頭と、あらゆるものを買ってきた。
そして戻ってくると、まだ怖い怖いと布団を被って寝ている男の枕元に
ドサッと饅頭を放り込んだ。
「うああ!饅頭饅頭饅頭!俺が怖いって言ってるのに皆で枕元に並べやがって!ひでぇ野郎だ!」
と大きな声が聞こえてきて仲間はみんな大喜び。しかし
「酒饅頭、うん怖い怖い!いいアンコだ……栗饅頭、ウハハハ、怖いなァ……」
とだんだん様子が違ってくる。
「おい見てみろ!野郎、饅頭全部食っちまったぞ!こっちは一文無しだってぇのに!」
「これは謀られた。やい!てめぇが本当に怖いものは何だ!」
「えっへへ。ここいらで一杯、濃いお茶が怖い」

以上が教科書にも載った落語の名作であり、
古今亭志ん生師匠の十八番だった『饅頭怖い』だ。

小学校や中学、高校で古典落語を聞かせる「学校寄席」という企画がある。
全国和菓子協会が六月十六日を「和菓子の日」としているので
この『饅頭怖い』を六月の噺として演じることが多いのだが、
最近は学校にかけて「わが師(和菓子)の恩」と駄洒落を入れても
伝わらないことも多い。
聞けば卒業式の定番の歌だった「仰げば尊し」は歌詞が古語で難しく、
今ではまったく歌われず、曲の存在自体を知らない人もいるとか。
「トホホ……昭和は遠くなりにけり」
と我々噺家はため息をつくばかりだ。
 (10571)

林家木久扇(はやしや・きくおう)
1937年生まれの落語家、漫画家、画家、YouTuber。
漫画家を経て1960年に落語界入り。
1969年には日本テレビ「笑点」のレギュラーメンバー入り。
1973年に真打ちに昇進し、
2007年には落語界史上初の親子W襲名により「林家木久扇」となる。
時代に呼応した新鮮な話芸をもち、アート、ラーメン、絵画、歌、役者、エッセイなど、下町の粋を伝えるマルチな落語家としてお茶の間に人気。
2020年には念願のYouTuberデビュー。
HIKAKINに師事してKIKUKIN名義でチャンネルを開設。
そして同年8月には芸能生活60周年を迎えた。

関連する記事

関連するキーワード

著者