ブランドコンセプト

私たちGOOD TEA LAB. のブランドコンセプトは、「GOOD TASTE, GOOD FOR HEALTH, MAKE GOOD LIFE」です。良いお茶とは、美味しいだけではなく生活に潤いをもたらすものであると考えております。私たちはGOOD TEA LAB. の活動を通し、暮らしの中心に再度「お茶のある生活」を提案することで、現代人に必要な余裕を再び取り戻すことを目指します。それにより、茶葉の生産者や器の作家など、お茶文化に関わる産業自体の活性化と新たな茶文化の再生を試みます。

静岡伊勢丹における具体的取組内容

お茶に関する情報やオススメの茶葉・お菓子、お茶を飲むための器、お茶関連の書籍まで、お茶にまつわるモノを購入できます。様々なお茶の可能性を提案するカフェも併設し、その場でお茶も楽しめます。また、茶葉の生産地・生産者とネットワークを築き、共にさまざまな企画を行うことで情報発信を行います。茶文化を担う作家との交流も行い、現場から茶文化の発展に繋げます。

こうのもの

日本の伝統食品のひとつである「おつけもの」がより身近により美味しくより愉しく食べていただけるようにという願いから、昔ながらのお漬物と洋風のピクルスとの良いところを合わせ「和ピクルス専門店 こうのもの」は生まれました。「こうのもの」の和ピクルスを見たとき・選ぶとき・食べるとき、みなさんが笑顔で幸せな気持ちで愉しめるシーンを提供できる、誰かにプレゼントしたくなる和ピクルスを御提案し続けます。GOOD TEA LAB.では「こうのもの」と共に、器やお茶との合わせ方など、食を中心とした暮らしの提案を行っていきます。
 (6986)

ぬくもり工房

一大綿織物の産地として発展していった、浜松の伝統織物「遠州綿紬」を受け継いでいるぬくもり工房。日本を代表する縞柄を目指して、四季を感じられる「日本の縞」をプロデュースしています。オリジナルアイテムはメイド・イン・ジャパンにこだわり、現代の暮らしに調和する和雑貨等を中心に提案。どこか懐かしい色合いと独特の風合い、長く愛せるシンプルなデザインが特長。GOOD TEA LAB.ではお茶時間を彩るテーブルシーンのみならず、お茶を楽しむ装い等も含めて暮らしの提案を行っていきます。
 (6989)

iwakagu

東京藝術大学大学院にて木工芸の道を追求し、地元静岡にて製作する岩崎翔氏による家具工房。木のぬくもりの心地よさを生活に寄り添い提案し、お客様のご要望に合わせたオーダー製作など、インテリアと暮らしに溶け込む家具作りを行っています。GOOD TEA LAB.ではお茶時間を楽しむインテリアの提案をiwakagu と共に創りあげていきます。
 (6992)

イベント

8月19日(水)から9月8日(火)までの3週間、GOOD TEA LAB. 主催の第1回展示会「冷茶を楽しむ 真夏のグッド・ティー・パーティー」が開催されます。本展示会ではイベントに出かける代わりに家で良いお茶を存分に楽しむ「グッド・ティー・パーティー」を提案。冷えた緑茶にフルーツタルトを合わせたり、色とりどりのキレイな器を揃えたりと、家時間をより自由に楽しむ工夫をご紹介。本会期後も様々なイベントを同スペースで開催予定。
 (6995)

POP UP カフェ

ウェルネスパーク内のカフェスペースにおいては、POP UP カフェが土日限定でオープン。8月19日(水)からは静岡県島田・川根でオーガニックの抹茶を生産する「MACHAMORE」が登場します。カフェでは抹茶ラテを始め、抹茶と季節のフルーツを合わせたドリンクなど、ラインナップも豊富。抹茶の新しい美味しさをお楽しみいただけます。
 (6998)

プロフィール

・一品更屋
茶道文化を中心とした日本の伝統文化を現代に合わせて再解釈し、わかりやすく整理した上で紹介、日本文化を未来へつなぐことを使命とし活動を行う。「茶ガール」主催。著書:一品更屋の現代茶湯「わび、さび、かわいい 茶ガールの休日」。

・TEASONGS
茶園から製茶、小売に至るまで、茶業に関わるすべての分野に携わる。日本茶のある豊かで健やかなライフスタイルをテーマに商品企画・開発、販売、コンサルティングを主とし活動を行う。静岡県や都内を中心に茶会「TEAPARTY」を主催。

関連する記事

著者