「からだ巡茶 モイスティア」は、東洋の健康思想に基づいた“からだの巡り”に着目した「からだ巡茶」ブランドならではのお茶です。本製品に配合されているヒアルロン酸は、皮膚水分量を保持させる働きがあり、乾燥を緩和する機能が報告されているため、肌の乾燥が懸念される今年の冬におすすめの無糖茶です。発売の翌日から全国放映される新TVCMには、「美肌だと思う芸能人」ランキングにも常に上位にランクインする艶やかな肌の持ち主、綾瀬はるかさんが出演しています。

もともと冬は乾燥するシーズンなのに、さらにマスクの着用によって、より過酷な環境に置かれている今年の肌。「肌は、私より少し繊細だから。」がテーマの本TVCMでは、そんな乾燥する季節でも肌や心と向き合いながら、「からだ巡茶 モイスティア」で肌に潤いを取り入れて前向きに過ごすことを発信しています。マスクを外した際に目を惹く、綾瀬さんの「潤い美肌」にも注目です。

■新TVCM『冬の乾燥』篇(15秒)CMストーリー

木枯らしが吹き、真っ赤な落ち葉が舞い散る中、今ではすっかり日常となったマスク姿で登場する綾瀬さん。「からだ巡茶」シリーズおなじみのメロディーにのせて、軽快なステップで階段を下りていきます。真っ青な空、冬の澄んだ空気を感じながら、「がんばりすぎ」「サボりすぎ」「調子いいよ!」「乾きすぎ。」と、日によって変わる自分の肌からのメッセージに耳を傾けます。「自分のことは、たいてい肌が教えてくれる。」というナレーションのように、自分自身の肌や心と対話する様子を演じる綾瀬さん。そしてベンチに座り、マスクを取って「からだ巡茶 モイスティア」を一口。ホッと一息し、体の内側から潤っていく、そんな日常の1シーンを描いています。
 (9053)

■綾瀬さんメイキングエピソード

<微笑みながら歩くはずが・・・楽しくなりすぎてNG !?>
「からだ巡茶 モイスティア」新TVCM撮影は、2020年11月、関東近郊で行われました。スタッフから思わず「天気いいねー!」と声が上がるほどの雲ひとつない秋晴れのもと、綾瀬さんが登場。淡いブルーのウールコートにグレーのニット、白のスニーカーというシンプルで柔らかな雰囲気の衣装は、「からだ巡茶 モイスティア」のパッケージをイメージしたコーディネートです。
赤い落ち葉がたくさん舞う中、階段を駆け下りる綾瀬さん。マスクをしても雰囲気が伝わるよう、より楽しそうに笑顔をつくったり、木枯らしに吹かれ寒そうな身振りを取り入れたりしていました。
階段を下りるシーンでは、目線や表情を変えて15回以上も繰り返し撮影に挑みました。撮影が進むにつれて、階段の上り下りを重ね体力的に大変な中でも、どんどん楽しくなっていく様子の綾瀬さん。撮影した映像を見ながら「いいじゃん!」と笑っていたところ、監督から「一人で楽しそうすぎる、嬉しそうすぎる(笑)」と突っ込まれ、このシーンはNGに。また、徐々に日差しが暖かくなってくると、寒さを表現する身振りが抜けてしまい、カット後に「寒いの忘れてた!ごめんなさい!」と反省する一幕も。綾瀬さんのおちゃめな姿に現場が笑顔で溢れました。

<落ち葉はバケツ500杯分!>
今回の撮影では、乾燥した季節を表現するため、パリパリに乾いた落ち葉を使用しました。使われた落ち葉は、なんとバケツ500杯分。綾瀬さんの周りを綺麗に落ち葉が舞い散るよう、落ち葉の量を微修正し、巨大な扇風機で風の向きを調整しながら撮影を進めました。綾瀬さんも落ち葉が舞う中をかけおりる映像を見て、「かわいいCM」と嬉しそうでした。
今回のCMでは、セリフやアクションが多くない分、表情や細かい身振りなどの高い表現力が求められる撮影でした。目線やステップなど、細やかに意識を向けて柔軟に演じる綾瀬さん。撮影は終始和やかな雰囲気で、綾瀬さん自身も監督やスタッフと楽しそうに会話をしながら、自然体で撮影を楽しんでいるようでした。最後はリモートでつないでいたスタッフにも「お疲れ様でした~」とスマートフォン越しに挨拶し、無事に撮影を終えました。
 (9056)

■綾瀬さんインタビュー

・今日1日の撮影を振り返って、いかがでしたか?
――青空と、紅葉した落ち葉が綺麗でした。歩いている中で、自分の心だったり、肌と対話しているような、その静かな澄み切った空気感がすごく気持ちが良かったですし、演じていても楽しかったです。

・「からだ巡茶 モイスティア」を飲んだ感想を教えてください。
――「ヒアルロン酸を配合しているお茶」と初めて聞いたときは、どんな感じかな?とあまりイメージできなかったのですが、ウーロン茶ベースでとても飲みやすく後味もスッキリしていて、日常的に飲めるお茶だなと思いました。外側からだけじゃなく、内側からも潤いたい人におすすめだと思います。

・「からだ巡茶 モイスティア」をどんな時に飲みたいですか?
――乾燥して喉が乾くことも多く、しっかり水分補給した方が良いと思うので・・・15時とか、ちょっと疲れてきたなというときに、ちょっと潤いをプラスしよう、みたいな感じで飲みたいですね。

・今回の製品は、肌の潤いを守るヒアルロン酸が配合されています。今年は「おうち美容」が話題になった年でもありますが、「美肌だと思う芸能人」ランキングで1位を獲得されている綾瀬さんの、おうちでできる「潤い美肌」の秘訣はなんでしょうか?
――やっぱり冬は乾燥する季節だと思うので、女性の方も男性の方も、「保湿」が大事かなと思います。なので、化粧水や乳液をきちんとつけるという基本的なことですが、日頃からしっかり保湿するように心がけています。今年はマスクをつけることも多くなり、擦れちゃって乾燥することもあると思うので、より肌のケアには気をつけたいと思っています。あと最近は寒くなってきたので、きちんと湯船につかって血行を良くして、血の巡りを良くするよう心がけていますね。芯まで冷え込むのでしっかり温まるまで入っています。寒いと結構肩もガチガチになってしまうので、ちょっと腕を回したり、ストレッチボールで伸ばしてみたり。そうすることでお肌の循環も良くなるのかなと思います。
 (9059)

■製品概要

 (9061)

美容ニーズの高まりから開発が始まった新しいお茶は、2006年の誕生以来、健康と美のイメージを持つ「からだ巡茶」ブランドから「からだ巡茶 モイスティア」として発売することになりました。本製品には、機能性関与成分としてヒアルロン酸を1本当たり120mg配合し、機能性表示食品の無糖茶として日本で初めて受理されました。
「からだ巡茶 モイスティア」に配合されているヒアルロン酸は、皮膚水分量を保持させる働きがあり、乾燥を緩和する機能が報告されています。
その他にも、“からだの巡り”に着目した高麗人参、熊笹、甘草、サンザシ、みかんの皮、杜仲、クコの実、ハスの葉、霊芝の9種の東洋素材を加えながらも、渋みの少ない低発酵ウーロン茶をベースに、緑茶とプーアル茶をブレンドしたすっきりした味わいで、日常的にお楽しみいただけます。
冬は気温が低下するため、のどが渇きにくくなり、脱水していることに気づきにくくなります。肌の潤い補給だけでなく、冬の隠れ脱水予防のための水分補給としてもお役立ていただけます。
 (9063)

製品名:からだ巡茶 モイスティア
品名:清涼飲料水
原材料名:烏龍茶(中国)、緑茶、熊笹、杜仲葉、プーアル茶、はすの葉、甘草エキスパウダー、みかんの皮、山楂子、霊芝、高麗人参、ローズヒップ、クコの実/ビタミンC、ヒアルロン酸
栄養成分表示(1本410ml当たり):
・エネルギー 0kcal
・たんぱく質 0g
​・脂質 0g
・炭水化物 0g(糖類0g)
・食塩相当量 0.08g
パッケージ/メーカー希望小売価格(消費税抜):410ml PET/149円
発売日:2020年12月14日(月)
販売地域:全国
届出番号:E665
機能性関与成分および含有量:ヒアルロン酸を摂取目安量(1本、410ml)当たり120mg含有します。
届出表示:本品にはヒアルロン酸が含まれます。ヒアルロン酸には皮膚水分量を保持する働きがあり、乾燥を緩和させることが報告されています。
※食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
※本品は国の許可を受けたものではありません。
※本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。

関連する記事

著者