「静岡茶鍋」は、静岡県産本山茶の一番茶を使った鍋の素と希釈用のお茶(ティーバッグ)のセット。冬の季節に広い世代に愛される「鍋」を通じ、静岡茶を”食べて”楽しむというお茶の新たな価値・体験を提案する静岡茶土産です。

商品は地元静岡の老舗茶屋「株式会社小山園茶舗」の直営店、百貨店、オンラインショップ等にて920円(税抜)で発売。そのほかの取扱い店舗は順次拡大していく予定です。

また、静岡県内で和食を中心とした飲食店を17店舗経営する「株式会社なすび(なすびグループ)」では店舗メニューとして「静岡茶鍋」を提供。11/29(金)より「なすび総本店」「無庵」「覚弥別墅」「魚弥長久」「十千花前 静岡」「草薙 茄兵衛」「ぶどうの丘 草薙」「ぶどうの丘 セノバ」の8店舗で静岡茶鍋をお召し上がりいただけます。
 (3922)

「静岡茶鍋」とは?

静岡県産本山茶の一番茶を使用した鍋の素と、希釈用のお茶(ティーバッグ)をセットにした、新しい静岡茶土産。冬に楽しむ「鍋」を通じ、“食べて”楽しむお茶を提案する新商品です。鮮やかなお茶の色・香り・風味を、鍋はもちろん最後のしめまで存分に楽しめます。鍋の素は、静岡県産本山茶のペーストを焼津の鰹節だしと合わせ、風味豊かに仕上げました。
 (3923)

開発エピソード

「静岡茶ガールプロジェクト」にて、第2弾は冬の名物「鍋」の開発しようと動きだしたのが春。静岡茶鍋開発にあたり、まずは緑茶そのままで具材を煮て鍋を作ってみたところ、美味しくない、苦い、つゆが茶色い・・・。そこでお茶そのままでは鍋に出来ないことに気付き、試行錯誤が始まります。

色も味も”美味しい”鍋づくりへの道

鍋を開発するなら「美味しい」ことが大前提。香りや風味を生かしたまま、美味しい鍋を作るためにはどうすればいいか…。世に出ているお茶関連の商品を買い集め、鍋づくりの参考にできないか模索するものの、なかなか求める美味しさに辿り着きません。
そんな中、静岡の誇る焼津の鰹節出汁に出会います。これを緑茶とかけ合わせることで、風味豊かで美味しい「静岡茶鍋」の完成に向け大きく前進しました。
また、緑茶といえば鮮やかな緑色。しかし鍋として煮ると茶色く変色してしまいます。緑茶の緑色を保てるよう様々な方法を考え、お茶の葉を乗せる、抹茶を振り掛けるなど、試行錯誤を繰り返すものの、理想の「静岡茶鍋」とは何か違いました。
そこで、開発開始当初の「「静岡茶鍋」でお茶の新たな価値・体験を提供したい」という想いに立ち戻りました。そして、今までに無い商品を提供するためにも「「静岡茶鍋」では、鍋の最後まで鮮やかな緑茶の色を楽しめるようにしたい!」と考え、諦めずに方法を模索し続けました。
そしてついに、熱を加えても色が変わらない「静岡茶鍋の素」の開発に成功したのです。
 (3929)

静岡茶鍋をリアル店舗へ

「静岡茶鍋を開発するなら、リアル店舗でも食べてもらえるようにしたい!」そんな思いから、商品開発と並行して、飲食店のパートナー探しも始まりました。そして静岡県内で和食を中心に17店舗を展開する「株式会社なすび(なすびグループ)」にアプローチ。「静岡茶ガールプロジェクト」の活動、静岡茶鍋のコンセプトに共感いただき、店舗メニューへの採用が決まりました。さらには商品開発の面でもご協力いただき、静岡茶鍋の素の味、おすすめレシピの食材選び・調理法は、なすびグループ取締役総料理長 早川亮介氏が監修しています。
 (3932)

地域活性化施策として「静岡茶鍋」を開発

「静岡茶鍋」は茶の生産・加工、鍋の素の加工、パッケージの印刷をすべて静岡の企業で行っています。静岡茶ガールプロジェクトの目的でもある「静岡の茶業振興」はもちろん、地元商業の活性化にも力を入れています。
 (3937)

「静岡茶鍋」
920円(税抜参考価格)
販売は(株)小山園茶舗オンラインショップほか
https://www.rakuten.ne.jp/gold/koyamaen/

静岡茶をもっと楽しみ、盛り上げるために

静岡茶は全国でも知名度の高い静岡県の名産品。しかし、特に若年層の「日本茶」への興味関心や、お茶を淹れる習慣は近年希薄になり、後継者の不足も茶業界の課題となっています。
もっと静岡茶を世の中に広めたい、新しい静岡茶の楽しみ方で課題解決のきっかけにしたい、という思いから始まったのが「静岡茶ガールプロジェクト」。今後も静岡茶を盛り上げる商品開発を続けてまいります。
 (3938)

静岡茶ガールプロジェクト

お茶好きな広告会社の女子社員が立ち上げた、静岡の茶業振興を目的としたプラットフォーム。

【プロジェクトメンバー】
静岡博報堂 岩﨑美咲(静岡市清水区出身)
静岡博報堂 松下早弥子(島田市出身)
静岡博報堂 高山裕美子(静岡市清水区出身)
静岡博報堂 西村友理子(掛川市出身)
静岡博報堂 藤田真実保(藤枝市出身)
本山製茶  海野桃子(静岡市葵区出身)

「お茶は、静岡を代表する名産品だけど、なんだかお土産としての存在感が薄い…」
「若い人にとっては、お茶を静岡土産に買うという発想すらなくなってきてる?!」
「もっと静岡茶を世の中に広めたい!」

そんな思いから、静岡に本社を置く広告会社のお茶好きな女子社員が、静岡の茶業振興を目的としたプラットフォーム『静岡茶ガールプロジェクト』を立ち上げました。広告会社社員として、いち生活者の女子として、「こんな静岡茶があったらいいな!」を商品化しています。
 (3942)

プロジェクト第一弾では2019年3月に静岡の老舗茶屋小山園(株式会社小山園茶舗)から新商品「8茶くらべ」(県内の8種類の希少茶の飲みくらべセット)を発売。「世界緑茶コンテスト2019」(公益財団法人世界緑茶協会主催)にて金賞を受賞しました。

関連する記事

著者