■第一弾は、お茶と洋菓子のコラボレーション、新しいお茶を体験

EN TEAは、お茶をより身近なものにするブランドです。こだわりのお茶を提供するだけでなく、お茶のあるシーンを増やしていく。お茶の持つ伝統やお茶が用いられてきたシーンを、現代に落とし込んでいくことこそEN TEAのチャレンジであり、それを表現する場としてオープンするのが「GEN GEN AN幻」です。
「GEN GEN AN幻」が提供するのは、新しいお茶の体験と、そこから生まれる日常の『間』。店内は、ビジュアルや音楽、香りなど、五感を通してお茶の時間を楽しんで頂ける仕掛けが用意されており、新しい試みである洋菓子やチョコレートなど、季節によって変わる “茶菓子”も特徴のひとつです。ジャンルを問わず様々なクリエイターやブランドとお茶がコラボレーションする取り組みも予定しています。
多くの人々が行き交い、慌ただしく時間が流れる銀座。お茶を身近に感じることができ、お茶を飲むというひと時によって『間』を与えてくれる現代版の茶屋となっています。

■メニュー

EN TEAの新作「日茶」「月茶」に加え、パリの名店MAISONの渥美創太シェフが取り組むプロジェクト「tomette」による、茶をテーマにした洋菓子を考案日本初リリース
 (8840)

1日のはじまりをつくるお茶「日茶」
 (8841)

1日を豊かに終えるお茶「月茶」
 (8842)

tometto×GEN GEN AN幻「玉緑茶アイス」
 (8843)

tometto×GEN GEN AN幻 「ガトーバスク」

■空間

国内外で活躍する建築家の荒木信雄氏による、洗練された近未来的 茶屋空間
 (8846)

■店舗の概要

名称   :「GEN GEN AN 幻」
住所   :東京都中央区銀座5-3-1
営業時間 :11:00-19:00 月曜定休 ※月曜祝日の場合は翌火曜休

■EN TEAについて

伝統を重んじる虎屋をはじめ、G20ファーストレディのお茶会などをプロデュースする丸若裕俊が主宰するブランドです。その活動は多岐にわたり、音楽グループのサカナクションや、ウルトラテクノロジスト集団チームラボなど、様々な分野のクリエイターとコラボレーションし、伝統と現代のカルチャーが融合した新しいお茶のシーンを創り出しています。
EN TEAでは、“お茶をより身近なものにする”ことを目指しており、お茶に対するこだわりを大切にしながらも、表現するだけではなく、人それぞれのライフスタイルに合ったお茶を提供していくことを重要視しています。
香り、色、味わいに優れた「水出し緑茶」は、忙しい方々でも20-30秒の抽出時間で本格的な緑茶を味わえるように、複数の茶葉を厳選し、研究を繰り返し行うことで生まれました。
そうした姿勢は、全てのお茶に込められており、カフェインレスを実現した「薪火晩茶」は、大人から子どもまで、朝から晩まで、いつでも誰でも楽しめるお茶として生まれました。
このように、人それぞれのライフスタイル、シーンに合わせて楽しめるお茶を幅広いラインナップで提供しており、多くの人にとってお茶が身近な存在になることを目指します。
 (8852)

・茶ガール(https://en-tea.com/pages/cha-tokyo
お茶が似合う現代の茶娘=茶ガールと名付け、ある日のお茶のひとときを切り取りとった作品

・EN TEA HOUSE(https://en-tea.com/pages/en-tea-house
チームラボとのコラボレーション、お茶とデジタルアートが融合した作品

関連する記事

著者