「タニタ食堂®監修のデザート」シリーズは、レシピ本「体脂肪計タニタの社員食堂」(大和書房刊)がベストセラーとなった株式会社タニタの監修による商品で、2011年3月より販売しております。
当シリーズは、“おいしさ”と“満足感”を得られる点、また、カロリーを抑えていることで罪悪感を抱くことなくお召しあがりいただける点で、多くのお客さまから支持されてまいりました。
これからも、“素材のおいしさ”と“ヘルシーさ”を両立したスイーツをお客さまにご提案してまいります。
 (619)

近年、日本茶特有の渋みと旨味を兼ね備えたほうじ茶の風味や緑茶に対してカフェインが控えめな点が評価され、2017年度のほうじ茶市場は2年前対比で約140%と伸長しております※。
新商品「タニタ食堂®監修のデザート ほうじ茶プリン」は、渋みと旨味に加えてクリーミーな味わいを楽しめるほうじ茶プリンに、香ばしい香りのほうじ茶ソースを組み合わせたデザートです。
ソースの隠し味に鳴門の焼き塩を使用しており、焼いた塩の香ばしさとほのかな塩味がほうじ茶プリンのコクを引き立てます。
※出典:㈱富士経済「2017年 清涼飲料マーケティング要覧 横断分析編」

カロリーは気になるけれども、デザートを召しあがりたい方は、ぜひ、「タニタ食堂®監修のデザート ほうじ茶プリン」をお試しください。
 (621)

「タニタ食堂®監修のデザート」ウェブサイト

1. 商品特長
<タニタ食堂®監修のデザート シリーズ>
①健康総合企業のタニタが監修し、素材やおいしさにこだわり、カロリーを抑えながらも、“満足感”を得られやすくしたデザートです。
②使用する素材を工夫することでカロリーを抑えています。(※当社従来プリン比)
③人工甘味料は使用せず、素材の味わいを生かした“自然な甘さ”に仕上げています。

<タニタ食堂®監修のデザート ほうじ茶プリン>
①渋みと旨味に加えてクリーミーな味わいが楽しめるほうじ茶プリンに、香ばしい香りのほうじ茶ソースを組み合わせたデザートです。
②ほうじ茶ソースには、鳴門の焼き塩を使用しており、焼いた塩の香ばしさとほのかな塩味がほうじ茶プリンのコクを引き立てます。
③2018年12月頃までの期間限定商品です。

2.商品概要
①商品名   タニタ食堂®監修のデザート ほうじ茶プリン
②種類別   生菓子
③包装形態  紙スリーブ、プラカップ、アルミ蓋
④内容量   85g
⑤カロリー  100kcal
⑥保存方法  要冷蔵10℃以下
⑦賞味期限  90日間
⑧主要ターゲット 20~40代女性、シニア男女
⑨主要売場 量販店、CVS、一般小売店
⑩希望小売価格 120円(税別)
⑪発売日・地区 9月4日(火)・全国
⑫JANコード  4902720 135849

<商品ラインナップ>
 ①タニタ食堂®監修のデザート カスタードプリン/②タニタ食堂®監修のデザート ほうじ茶プリン
 *希望小売価格(税別):120円
 ③タニタ食堂®監修のアジアンデザート 杏仁豆腐3P/④タニタ食堂®監修のアジアンデザート マンゴプリン3P
 *希望小売価格(税別):220円
 (625)

3.ご当地タニタごはんコンテスト
健康総合企業タニタは、日本の食文化の継承や地域活性化などを目的として2018年度にレシピコンテスト「ご当地タニタごはんコンテスト-ヘルシー郷土料理で町おこし―」を実施中です。
日本全国に点在する郷土料理にフォーカスし、地域の伝統的な調理法を調味料を生かしつつ、これをタニタが考える目安に則ってアレンジして安心・安全かつ健康的な食事に再生します。
全国5ブロックで予選大会を実施し、10月21日に二子玉川ライズで全国大会の実施を予定しています。
森永乳業は、「地域を健康にしたい」というタニタ社のスローガンに賛同し、ご当地タニタごはんコンテストの大会活動に協賛しています。

<参 考>
【一般社団法人日本生活習慣病予防協会への加盟】
生活習慣病予防の一次予防を中心に、診断・治療・リハビリテーションに関する知識啓発の普及、生活習慣病に関する調査研究を行うことにより、国民の健康の増進に付与することを目的として2000年に設立。
弊社は、生活習慣病に関心の高いお客さまに、「タニタ食堂®監修のデザート シリーズ」をはじめとした健康系デザート普及・認知を図る活動の一環として2017年1月に加盟いたしました。

【株式会社タニタについて】
「健康をつくる」さまざまな商品、サービス、ソリューションを提供する健康総合企業。
社員食堂のメニューをまとめたレシピ本「体脂肪計タニタの社員食堂」シリーズ(大和書房刊)は、累計発行部数542万部を超えるベストセラーとなった(2018年5月現在)。
2012年1月には東京・丸の内に「丸の内タニタ食堂」をオープンし、現在は全国に「タニタ食堂」を展開している。
※「タニタ食堂」は株式会社タニタの登録商標です。

関連する記事

著者