目次

【名称】BOOK AND BED TOKYO 浅草店
【ヨミ】ブックアンドベッドトウキョウ アサクサテン
【英語表記】BOOK AND BED TOKYO ASAKUSA

【住所】東京都台東区雷門2-16-9 パゴダ浅草6F
【交通アクセス】
東京メトロ銀座線浅草駅 ▶︎ 徒歩 3分
都営浅草線浅草駅 ▶︎ 徒歩 5分
つくばエクスプレス浅草駅 ▶︎ 徒歩 7分

【営業時間 | カフェ】
平日 12:00 ~ 17:00
※土日祝日につきましては、ラウンジ営業を行っておりますので入館料が必要となります。

【お支払い】
クレジットカード
※現金での支払いは出来ません。
※館内販売及びデイタイム料金支払い時は交通系IC利用可能。

■ メニュー
 (3017)

溢れる抹茶ラテ:¥650(税込)
 (3018)

溢れる抹茶ティラミス:¥670(税込)
 (3019)

溢れる抹茶小倉トースト:¥650(税抜)
その他メニューは、メニューアカウントから -
https://www.instagram.com/by_bnbt_matcha/

本リリース関連画像はこちらから -
https://drive.google.com/open?id=1IZ1KnD00bEq4Nj5o-4XrHcQuuM61-XRF

■ 泡で味わう
ミルクと抹茶を混ぜ合わせ泡状にする事で、苦味や渋みが抑えられ、泡を飲む際に口の中で泡がはじけ宇治抹茶の香りと旨みが広がっていくのをお楽しみいただけます。

■ 本物の抹茶ラテ
石臼で挽いた高品質の抹茶を使った「YUGEN」の抹茶を使用。

製菓用(加工用)として2番茶以降の茶葉にクロレラを足して色味を足したものを使用した、抹茶ラテも多くみられる中、BOOK AND BED TOKYOの”溢れる抹茶ラテ”では、茶道で使用される高品質の抹茶を使用。「本物」の深い抹茶の香りをお楽しみいただけます。

■ 日本茶スタンド「YUGEN」について
YUGEN - https://yugen.liv-japan.com/
「日本の伝統を身近に」をコンセプトに2018年7月にオープンした日本茶専門店。京都府を中心に日本各地より生産地に訪れ、厳選した高品質の日本茶のみを扱うブランドとして日本各地は元より、海外にも販売している。
店内は築年数約100年の町家をモダンなデザインに改装し、ティースタンドとして高品質の日本茶を気軽に楽しめる。
また店内には茶葉の販売はもちろん、有田焼や金属酒器などの日本伝統品の販売も行うギャラリーも併設している。

■ 泊まれる本屋®︎「BOOK AND BED TOKYO」 について
「BOOK AND BED TOKYO」
2015年11月に池袋にOPENした、泊まれる本屋®
がコンセプトの宿泊施設「BOOK AND BED TOKYO」東京の新しいカルチャーとして、「CNN」「The Huffington Post」「The Guardian」「National Geographic」にも取り上げられるなど、世界的にも注目が集まる話題のホステル。セレクトショップ「1LDK」やパジャマメーカー「NOWHAW」、「トラベラーズファクトリー」などとのコラボレーションなどでも話題。®」 商標登録第5963826号

【HP】http://bookandbedtokyo.com
【instagram】https://instagram.com/bookandbedtokyo/

2015年 11月5日 池袋本店(東京都・池袋)OPEN
2016年 12月2日 京都店(京都市・祇園)OPEN
2017年 1月21日 池袋本店(東京都・池袋)増床OPEN
2017年 4月29日 福岡店(福岡市・天神 福岡パルコ内)OPEN
2017年 10月5日 浅草店(東京都・浅草)OPEN
2018年 5月22日 新宿店(東京都・新宿)OPEN
2018年 12月13日 心斎橋店(大阪府・心斎橋)OPEN

◉BOOK AND BED TOKYO 浅草店 特徴
・本棚の中にベッドが埋め込まれ、まるで本棚の中に眠るような構造。
・浅草店では、館内半面に最大3,000冊収納可能な本棚が配置。
・館内中央に12mを超えるバーカウンターとソファ
・本棚の向かい側半面には壁一面を覆う17mの白い帆布の暖簾。
・本格的なカフェバードリンクメニューの提供。

※以下、1店舗目(池袋)利用者統計
・年齢別統計 - 20代 ~ 30代:85% 40代 ~:15%
・男女別統計 - 男性:30% 女性:70%
・利用目的別統計 - 国内旅行客:33% 国内出張客:4% 海外旅行客 33% 都内近郊客 29%
・お泊まり会やサードプレイス的利用も多く、都内近郊の方の利用が3分の1近くを占める。
(19年8月現在)
 (3021)

関連する記事

著者