【トピックス】
・「ほうじ茶」を使ったお菓子だけをまとめた、日本初のレシピ集。
・ほうじ茶とは、お茶を焙煎して作る二次加工茶。焙煎すると、香ばしさや甘みが出やすくなる。
・ほうじ茶にはピラジンという成分が含まれ、血行を促します。そのため、寒い地域での消費が多い。
・カフェインが少なく、焙煎することでさらに1割ほど減るので、誰でも安心して飲める。

株式会社主婦の友社が11月1日に発売した、お菓子研究家・本間節子さんの書籍『ほうじ茶のお菓子』は、日本で初めての「ほうじ茶のお菓子」レシピBOOKです。
「ふわっと広がる焙煎の香り、熱々の器を両手で包んで口元へ――。
体が温まって、心もほどけます。
そんなほうじ茶を生かして、お菓子にしてみたい。
そこからこの本は始まりました」(「はじめに」より)

ほうじ茶がさらにおいしくなり、ポテンシャルは無限大!

ほうじ茶は葉を摘みとり、でき上がったお茶を焙煎して作る二次加工茶です。以前は番茶から多く作られましたが、現在は煎茶や碾茶などさまざまなお茶から作られています。
元のお茶の種類によって、香りも味も水色も変わります。茎が入ると甘みが増し、葉からは甘みや渋みやコクが出ます。浅く炒ったもの深く炒ったもの、ウーロン茶のように萎凋(いちょう:加熱する前に葉をしおれさせる)して作られたお茶を焙じたものなど、焙煎の度合いや製造方法もバラエティ豊か。近年、使用するお茶の品質が上がり、そのポテンシャルや可能性ははかりしれません。
 (3894)

 (3895)

[長崎・東彼杵町]
棒ほうじ茶(茶友)
碾茶の茎を深煎りしたお茶
 (3896)

[静岡・静岡市]
半発酵のほうじ茶(丸高農園)
ウーロン茶のような爽やかさ
 (3897)

[宮崎・五ケ瀬町]
花香ほうじ茶(宮﨑茶房)
花の香りとぶどうのような風味

ほかのお茶よりカフェインやカテキンが少なく、やさしい

一般的にお茶の効能は、抗酸化作用(老化防止)、抗菌作用(食中毒、インフルエンザなど)、虫歯予防、口臭抑制、血圧・血糖値の降下作用などがあるといわれています。ほうじ茶の場合、それに加え、ほかのお茶とくらべてカフェインやカテキン(苦み成分)が少なく、子どもから妊婦の方、お年寄りまでより安心して飲めるお茶としてますます人気です。さらに「ピラジン」という成分が含まれ、血行を促すといわれています。比較的寒い地域でほうじ茶の消費が多いのはそのためです。
 (3900)

「淹れるとき、失敗しない。
カフェインが少なく、子どもも安心して飲める。
価格が手ころで、そしてなによりおいしい。
そんな気どらない魅力が、ほうじ茶にはたくさんあります」
(「はじめに」より)

ほうじ茶を生かしたお菓子づくりが1年中楽しめる本です

「ほうじ茶のお菓子は、味わいがやさしくて、穏やか。
香ばしさや甘みがあって、すっきりして、とても自然です」
(「はじめに」より)
 (3904)

チョコ&シュガードーナツ
 (3905)

柚子のシフォンケーキ
 (3906)

わらびもち
 (3907)

ほうじ茶ゼリー
この本では、パウンドケーキやスコーン、ドーナツ、クッキーなどまいにち食べたい「いつものおやつ」(1章)から、ロールケーキやシフォンケーキ、タルト、チーズケーキ、マカロンといった「特別な日のお菓子」(2章)、わらびもちやまんじゅう、こはくなど「和風のお菓子」(3章)、ゼリーやババロア、ジェラートなど「冷たいお菓子」(4章)まで、一年中楽しめる40レシピをポイント写真とともにわかりやすく紹介しています。

ほっとひと息つきたいとき、「ほうじ茶のお菓子」は心をやさしく、ほぐしてくれます。
 (3909)

 (3910)

お菓子研究家、日本茶インストラクター
本間節子(ほんま・せつこ)さん
自宅で少人数のお菓子教室「atelier h(アトリエ・エイチ)」を主宰。
季節感と食材の味を大切にした、毎日食べても体にやさしいお菓子を提案している。お菓子に合う飲み物、お茶にも造詣が深い。雑誌や書籍でのレシピ提案、日本茶イベントや講習会など幅広く活動している。著者に『日本茶のさわやかスイーツ』『あたらしくておいしい日本茶レシピ』(世界文化社)ほか多数。
 (3912)

『ほうじ茶のお菓子』
本間節子・著
2019年11月1日発売
本体1,400円+税

本件に関するメディア関係者のお問い合わせ先

株式会社主婦の友社 広報・プロモーションユニット
TEL:03-5280-7577(直通)
FAX:03-5280-7578
pr@shufutomo.com

関連する記事

著者