現代の食卓は、時代の変化にともない効率化や時短意識が高まり、ゆとりを持ちづらい状況である一方、コロナ禍で、自宅で過ごす時間が増え、食事に対する意識が変化してきています。コロナ禍における、消費者の調査※1では自宅時間が増えることにより、「手の込んだ料理を作るようになった」と感じている人や、60%の人が「外食を控え自炊するようになった」と回答しています。また、25%の人が「ちょっと贅沢な食品や間食用のおやつを買うようになった」と回答し、自宅での食の時間を豊かにするような行動が増え、消費者のライフスタイルに大きな変化をもたらしていることが伺えます。「綾鷹」は、いつの時代も食べる幸せを引き立ててきた急須でいれたようなお茶の旨みで、いまの時代の食卓を豊かにしたいという思いから、「綾鷹 豊かな食卓キャンペーン」を実施します。

8月17日(月)~11月30日(月)のキャンペーン期間中、「綾鷹」ロゴ入り『RIEDELグラス』※22個セットや、京都老舗料亭「一子相伝 なかむら」の料理長である中村元計氏セレクトの『奥井海正堂 絶品だし』といった、食卓で「旨みを味わう」一品が抽選で合計4,000名に当たります。各対象製品ラベルに印字されたQRコードを読み取ることで、抽選に参加いただけます。

さらに、8月17日(月)から公開の吉岡里帆さんが出演する「〜吉岡里帆さんとひと工夫!〜#綾鷹とひと工夫で旨み豊かな食卓」動画では、中村氏にメニューを監修いただきました。「パリッと鶏皮」篇、「香り豊かに舞茸」篇、「味噌の調和」篇の3パターンが展開され、それぞれ吉岡さんが食卓を豊かにする「ひと工夫」を取り入れた手料理に挑戦しています。

※1 出典:日本コカ・コーラ調べ、クロス・マーケティング社調べ
※2 ワイングラスの老舗リーデル社協力のもと、創業450年老舗茶舗「上林春松本店」の茶師上林秀敏氏、綾鷹製品開発担当者が厳選し選定した綾鷹の持つ旨みを引き出すグラス

■「〜吉岡里帆さんとひと工夫!〜#綾鷹とひと工夫で旨み豊かな食卓」WEB動画

<動画URL>
「パリッと鶏皮」篇:https://youtu.be/d0Nwv2GWfnQ
「香り豊かに舞茸」篇:https://youtu.be/k8Cx77BYoQs
「味噌の調和」篇:https://youtu.be/nazWFUcf1OE
 (7041)

■「綾鷹 豊かな食卓キャンペーン」

□キャンペーン期間
2020年8月17日(月)~11月30日(月)

□応募方法
各対象製品ラベルに印字されたQRコードを読み取ることで、抽選に参加いただけます。

□対象製品
綾鷹      :280mlPET / 300mlPET / 290mlボトル缶
         525mlPET / 1LPET / 2LPET
綾鷹 ほうじ茶  :525mlPET / 2LPET / 290mlボトル缶
綾鷹 茶葉のあまみ:525mlPET / 2LPET
綾鷹 濃い緑茶  :525mlPET

□賞品
【1pt応募】京都老舗料亭「一子相伝 なかむら」料理長中村元計氏セレクト「旨みを味わう出汁」/抽選3,000名
【4pt応募】「綾鷹」ロゴ入り『RIEDELグラス』2個セット/抽選1,000名
 (7045)

「綾鷹ブランドについて」

緑茶ブランド「綾鷹」は、にごりのある、急須でいれたような緑茶の味わいを目指し、450年の歴史をもつ宇治の老舗茶舗「上林春松本店(かんばやししゅんしょうほんてん)」の協力を得て開発されました。
「綾鷹」の味わいは、①上林春松本店の伝統の技である“合組(ごうぐみ)”茶葉を組み合わせる技術、②「綾鷹」独自のにごりの製法、③原材料として使用する茶葉の味わいと品質を上林春松本店とコカ・コーラ社で最終確認する“茶葉認定式”という3つのこだわりによって実現されています。2007年の発売以来、多くの皆様からご好評いただいております。

<製品概要>

■製品名「綾鷹」

■製品名「綾鷹」

■パッケージ/メーカー希望小売価格(消費税抜)
280ml PET 115円
290mlボトル缶 120円
300ml PET 100円
525ml PET 140円
1L PET  190円
2L PET   311円
■製品名「綾鷹 茶葉のあまみ」

■製品名「綾鷹 茶葉のあまみ」

■パッケージ/メーカー希望小売価格(消費税抜)
525ml PET 140円
2L PET   311円
■製品名「綾鷹 ほうじ茶」

■製品名「綾鷹 ほうじ茶」

■パッケージ/メーカー希望小売価格(消費税抜)
290ml ボトル缶 120円
525ml PET 140円
2L PET   311円
■製品名「綾鷹 濃い緑茶」

■製品名「綾鷹 濃い緑茶」

■パッケージ/メーカー希望小売価格(消費税抜)
525ml PET 140円

関連する記事

著者