(1)『~O-CHAでチルする?~おうちでChall Out』とは?

静岡市内でBARを経営し、多彩なお茶のカクテルを提供している井谷匡伯氏が、静岡県内の若手茶生産者10人の自慢の茶葉を使い、オリジナルのカクテル及びモクテル(=ノンアルコールカクテル)を作成し、世界お茶まつり2022公式ホームページ(https://www.ocha-festival.jp)で公開しています。

レシピ作成の際は、井谷氏が実際に茶畑まで出向き、若手茶生産者から直接話を伺った上で、生産者から感じ取れたイメージに沿ったカクテルを考案します。

レシピは令和3年6月から翌年3月まで、毎月1セットずつ紹介します。

※"Chall Out(チャル アウト)"とは、「Chill Out(=のんびりと時間を過ごす、楽しむ様子、若者英語)」と「Cha(=お茶)」を掛け合わせた造語です。
 (10134)

レシピ作成者の井谷匡伯氏

(2)レシピ紹介

現在公開中のぐり茶を使ったレシピを紹介します。レシピの詳細は、ホームページをご覧ください。
Verdi Road(ヴェルディ・ロード)

Verdi Road(ヴェルディ・ロード)

ぐり茶を使ったモクテル

(3)世界お茶まつり2022の概要

WEBを活用した非対面によるプログラムを取り入れながら、お茶の各種体験など、人と人がふれあい、笑顔になるリアルな対面プログラムを静岡県下で展開し、アフターコロナ時代の新生活様式に対応したO-CHAで元気な笑顔になる生活と時間の創出を提案します。

ア 開催時期
<春のお茶まつりウィーク>2022年5月1日(日)~15日(日)
<秋の祭典>2022年10月20日(木)~23日(日)

イ 開催場所
<春のお茶まつりウィーク>ふじのくに茶の都ミュージアムを中心に県下全域
<秋の祭典>静岡県コンベンションアーツセンター「グランシップ」を中心に県下全域

(4)世界お茶まつり実行委員会の組織体制

顧 問:川勝平太(静岡県知事)
会 長:德川恒孝氏((公財)德川記念財団名誉理事長)
副会長:熊倉功夫(ふじのくに茶の都ミュージアム館長)
   :後藤加寿子(料理研究家)
委 員:関係団体代表等 13人
事務局:静岡県(お茶振興課)

(5)お問い合わせ

静岡県経済産業部農業局お茶振興課
電 話   :054-202-1488
メール   :wof@pref.shizuoka.lg.jp
ホームページ:https://www.ocha-festival.jp

関連する記事

著者