目次

サントリー食品インターナショナル(株)は、サントリー緑茶「伊右衛門 濃い味」を、茶カテキンの力で内蔵脂肪を減らす機能性表示食品として、2月1日(火)より、全国で新発売します。

2021年のサントリー緑茶「伊右衛門」は、“淹れたて緑へ”をテーマにさらなる刷新を図った「伊右衛門」本体に加え、一目でわかる美味しさと上質さを持った新しいお茶「伊右衛門 京都ブレンド」を発売し、共に大変ご好評をいただきました。その結果、2021年の年間販売数量は5,900万ケース※1を超え、「伊右衛門」ブランド史上過去最高を達成しました。
※1 当社出荷ベース

緑茶市場は、「伊右衛門」本体のような飲みやすく、すっきりとした旨み、香りの商品がご好評いただいている一方で、濃い味わいの緑茶市場も大きく伸長しており、しっかりとした渋みや濃い味わいの緑茶を求めるお客様が増えています。さらに、一部のお客様からは濃い味わいの緑茶に対して、“カテキンが多くて、身体に良さそう”、“機能感を感じる”といった声が上がっていることから、今回、機能性関与成分である茶カテキンを540mg配合※2し、“内臓脂肪を減らす”という具体的なヘルスクレームを掲げた機能性表示食品へと刷新することになりました。
※2 1,200mlあたり

●中味の特長
本商品専用に加工した福寿園茶匠厳選の渋み茶葉を高温抽出すると共に、“高カテキン石臼挽き茶葉※3”を使用。さらに今年は青香茶葉の配合量を増やすことで、ご好評いただいている渋みの強さ・濃さは残しつつも、清涼感のある独自の渋み設計を実現しました。
※3 当社主要緑茶飲料に対し高カテキン石臼挽き茶葉を使用していることの意

●パッケージの特長
本格的な緑茶の濃い味わいが一目で伝わるよう深い緑を基調とし、中央に“濃い味”と堂々とデザイン。さらに、機能性表示食品として新たに加わった「内臓脂肪を減らす」という機能が一目で伝わるよう、製品上部に帯で“内臓脂肪を減らす”と配置しました。

[届出表示]
本品には茶カテキンが含まれます。茶カテキンには、肥満気味の方の内臓脂肪を減らす機能があることが報告されています。
※ 食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
※ 本品は、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
※ 本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
[一日摂取目安量]600ml:2本1200ml 2L:1200ml

「伊右衛門」ブランドは、お客様に緑茶をより愉しんでいただくべく、年間を通して商品やコミュニケーションの充実を図っていきます。
 (11296)

サントリー緑茶「伊右衛門 濃い味 2L」(機能性表示食品)
2Lペットボトル、350円、6本
 (11297)

サントリー緑茶「伊右衛門 濃い味」(機能性表示食品)
600mlペットボトル、140円、24本

関連する記事

著者