目次

 昨今の社会情勢による「新しい生活様式」でのおうち時間の拡大から、密かな盛り上がりを見せる日本茶業界。様々な産地や製法による繊細な味わいの違いを楽しめるのが、⽇本茶の特徴であると言える。
 「狭山茶摘み歌」の一節で、『色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす』という言葉があるように、日本三大銘茶のひとつに「狭山茶」があると言われている。
 (9634)

 そんな中、おうち時間の充実による従来の「狭山茶」消費に加え、ギフト等贈答品需要、特に若年層に顕著な消費の多様性に対応すべく、新たな需要を創出したいという思いから、狭山茶特設サイトが、埼玉県と(株)ポニーキャニオンにより制作された。
 (9637)

 狭山茶は、静岡、宇治と並び、日本三大銘茶と言われながらも、全国の茶栽培面積41,500haのうち、狭山茶は855haと8番目の広さであり、肉厚な茶葉と濃厚な味が特徴の希少なお茶である。また年に1度開催される全国手もみ茶品評会では15年連続、20回もの産地賞(全国の産地で1位)を受賞するなど、狭山茶の産地は手もみ茶の高い技術力を誇っている。
 (9639)

 本サイトでは、手もみ茶の魅力や飲料の専門家による様々なお茶の楽しみ方の提案、「狭山茶」を使ったレシピコンテスト開催による参加者の募集、オンライン通販で購入可能な狭山茶取扱事業者一覧などが掲載されているので、新しい生活様式でのおうち時間充実のヒントが見つかるかもしれない。是非、狭山茶特設サイトを確認してほしい。

特設サイトは以下。
狭山茶特設サイト:saitama-sayamatea.com
 (9640)

 (9641)

 (9642)

関連する記事

著者