近年、茶価の下落や耕作放棄などの問題を抱える茶処静岡で生まれた「宵茶」は、茶のあたらしい飲み方として茶の水出しならぬ茶の酒出しに挑戦。「日本茶と酒の素敵な出会い」をコンセプトに、多彩な味や香りを持つ静岡県産の茶葉を酒に漬け、香りと味を移したオリジナルのリキュールを開発。2019年7月より、静岡市内の飲食店10店舗にレシピを開示しメニュー展開したところ、2か月で約5,000オーダーを超え、20〜30代の女性や仕事帰りのビジネスマン等に大好評を博しています。
今回、ご好評にお応えして10月1日(火)より秋の新メニューが登場!焙煎した烏龍茶を栗を使った焼酎で抽出した秋の味と香りが満載のハイボール「焙煎烏龍のほろにがソーダ」、独自の製法で作られた釜炒り茶を漬け込んだ麦焼酎をシンプルにロックでいただく「麦の香りの釜炒り茶ショット」が新たにラインアップ。
スタート2か月で好評なこともあり、新たに企画に賛同する店舗も増え、秋からは現行の10店舗を20店舗に拡大する予定です。
宵茶リキュール のレシピ、静岡県100銘茶協議会理事を務め、静岡茶の魅力を知り尽くした「富士山まる茂茶園」の茶師・本多茂兵衛氏が全面監修。試行を重ねた茶処・静岡ならではクラフトカクテルで、秋の宵をぜひお楽しみください。
 (3143)

 (3144)

展開メニュー ラインナップ

茶を酒に漬け、抽出するシンプルな工程ながら、香り、味ともに多彩に変化していく様はまさに「茶×酒の出会い」。個性的な静岡の茶葉を選抜し、相性の良いリキュールとの組み合わせを研究。
この夏多くの方から大好評をいただいたメニューの内、2種類を通年メニューとし、あらたに季節感あふれる新メニュー2種類が加わり、全4メニューで展開します。
 (3147)

宵茶リキュールの作られ方

 (3149)

「night tea salon -宵茶-」 展開店舗

10月1日以降店舗拡大! 新たに10店舗が加わり全20店舗にて展開予定
 (3152)

 (3153)

9月12日(木)「茶事変」公式サイトリニューアルオープン

宵茶のメニューや店舗情報がスマホやPCで
いつでもどこでもチェックできます。
「宵茶マップ」もサイトにて掲載。
10月からの新店舗情報も随時アップする予定です。
http://chajihen.com/
 (3158)

関連する記事

著者