目次

戦国時代より続く粋な大人の遊び、「野点茶会」を、水戯庵ならではの趣向で開催させていただきます。
平安時代より創建され、徳川家康も参拝したと言われている福徳神社。その福徳神社に隣接する福徳の森を、文化を愉しんでいただける水戯庵の別庭として、華やかに演出させていただきます。21日(土)、22日(日)の2日間、しとやかなお箏の演奏と、茶の湯を体感することのできるイベントとなっております。
どなたでもお気軽に参加いただけますので、この機会にぜひ日本の伝統文化であるお茶の世界をお楽しみください。

イベント期間中、水戯庵では能を公演しております。
初心者にもわかりやすい演目となっておりますので、お茶を楽しんだ後に能に触れ、日本文化に酔いしれる1日にしてみてはいかがでしょうか。

【野点開催概要】
日程 :2019年9月21日(土)、22日(日)
第一部:13;00 〜(舞台上での茶会と箏の演奏)
第二部:15;00 〜(舞台上での茶会と箏の演奏)
第三部:17:00 〜(舞台上での茶会と箏の演奏)
※いずれも30分を予定
※御要望により、人数限定で、舞台上での茶会に参加できます。
場所 :福徳神社
料金 :500円(税込/お一人様)

【水戯庵開催概要】
【カフェ営業時間】
21日、22日の二日間は、11時のオープンから16時半まで、カフェ営業とさせていただきます。
カフェ営業では、シンプルに見ていただける「能 敦盛」の公演をさせていただきます。シテの舞と、地謡の迫力ある公演を御覧になりたい方は、お時間前にご来店ください。11時15分~/13時45分~
また、上記以外の時間、随時舞台上にて、箏の調べをお愉しみいただけます。日本橋でお買い物、観光をされて疲れた体を、水戯庵で箏の調べとお抹茶を楽しみながら、癒してはいかがですか?

【夜の本公演】
昼のカフェ営業の公演に、囃子方の入った贅沢な公演となっております。公演後、演者とお話もできる文化サロンのような空間を、是非お愉しみください。
第三部:開場:17:30 開演:19:00
公演 :観世流 武田家
演目 :「敦盛(あつもり)」
 (3074)

【期間限定メニュー】9月14日~9月23日
・抹茶soda/ノンアルコール 1,000円(税・サ別)
まずはそのままお抹茶の味をお楽しみ頂き、次にソーダと混ぜて爽やかに。
最後にレモンを入れて後味サッパリと。
三段階で味をお楽しみ頂けるノンアルコールカクテルです。

・抹茶cappuccino/ウォッカベース 1,200円(税・サ別)
お抹茶とミルクの組み合わせで甘く飲みやすいカクテルです。
添えてあるライムを落とすと、抹茶とライムのクセになるスッキリとした味わいが口の中に広がります。

・Greentea cooler /1,2000円(税・サ別)
抹茶の風味とオレンジの酸味が意外にもマッチ!
鮮やかな黄緑色のイメージ通りに、ゴクゴク飲めそうなライトカクテル。

・Fuku-Mori /1,000円(税・サ別)
自家製水出しほうじ茶の香ばしさが印象的なカクテル。抹茶リキュールの甘みをほうじ茶でさっぱりと仕上げました。
 (3076)

【お食事に関して】
期間中、夜のメニューとして、「日本橋」界隈の老舗・名店の本物の料理をご堪能いただけます。
※日本橋の老舗のお弁当をオーダーいただく場合は、事前予約をお願いしております。
※日本橋料飲組合のご協力の元、本物の味をお届けいたします。
 (3078)

【水戯庵について】
店名  :水戯庵(すいぎあん)
住所  :東京都中央区日本橋室町2-5-10 B1F
アクセス:東京メトロ銀座線・半蔵門線三越前駅A6出口より徒歩1分、コレド室町2直結
営業時間:11:00-23:30 (L.O.23:00)※曜日により営業時間が異なります。
定休日 :不定休
座席  :50席
電話番号:03-3527-9378(受付時間:10:00-20:00(平日)/10:00-19:00(日曜、祝日)
公式ホームページ:https://suigian.jp


【アートアクアリウム連動チケット】
アートアクアリウムがいつでも優先入場が可能な〈日付指定なし優先入場券〉と劇場型レストラン「水戯庵」の観覧お席料がセットになったお得なプレミアムチケットです。

利用期間:
『アートアクアリウム 2019 〜江戸・金魚の涼〜 &ナイトアクアリウム』
7月5日(金)-9月23日(月・祝)/会期中無休
※スペシャルイベント開催時間帯は、ご利用できません
水戯庵
7月5日(金)-12月25日(水)/不定休
料金:
一般(中学生以上)・子ども(10歳以上 小学生以下) 共通 6,500円
※『アートアクアリウム 2019』のご入場は、3歳以下 無料/小学生以下 保護者要同伴。
 (3080)

-水戯庵の想い-
東京の中心地である日本橋に佇む、由緒正しき福徳神社に隣接する福徳の森。その福徳の森の地下にオープンする「水戯庵」は、世界無形文化遺産にも登録され、日本最古の芸能である「能楽」をはじめとする日本の伝統芸能が愉しめる空間で、日本を代表する寿司、お酒、甘味を五感で味わうことができる新感覚の劇場型レストラン&ラウンジです。
最先端の技術を活かしながら、伝統的な日本を感じさせるアート展覧会「アートアクアリウム」や伝統産業を現代アートにかえる展覧会「江戸桜ルネッサンス」を中心に、これまでも独自の手法と和の世界を表現してきた木村英智。「アートアクアリウム」が誕生して10年が経過し、日本文化と真剣に向かい合う中、伝統工芸や伝統産業、そして伝統芸能の魅力を新たな手法で表現したいという想いが強く芽生えてきました。そんな木村英智の想いを体現したお店が「水戯庵」です。
「日本を嗜み愉しむ」を基本コンセプトとし、店内は日本が誇る巧緻を極めた伝統工芸の要素を取り入れた室礼となっており、粋で艶やかな和の空間が広がります。中央には、江戸末期に狩野派絵師が描いた鏡板が象徴的な三間四方(約5.4m)の舞台を設置し、能や狂言、日本舞踊を始めとする伝統芸能が毎日繰り広げられています。
この舞台には、能楽五流派(観世流、宝生流、金春流、金剛流、喜多流)、能楽囃子方各流派、狂言二流(大蔵流、和泉流)の他、京舞井上流、日本舞踊花柳流、藤間流、琉球舞踊宮城流、文楽、雅楽といった、日本の伝統芸能を代表する各流派が日替わりで出演する、日本でも唯一の場所です。


【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】
水戯庵 広報:若月
Tel:03-3527-9378 E-Mail:press@suigian.jp

関連する記事

著者