これまでにもBRITAは、ブリタのおいしい水を料理に活用する提案を行ってまいりました。その一環として、2007年より、ブリタのポット型浄水器をABCクッキングスタジオの教室で使っていただいており、今回の味覚調査実施に至りました。
 本アンケート調査では、ABCクッキングスタジオの先生32名を対象に行い、【ブリタのポット型浄水器で淹れた水】、【水道水】、【ミネラルウォーター】の3種類で淹れた水出し麦茶を飲み比べて、どれがおいしいかを質問する形式にて行いました。その結果、約94%の方がブリタの水で淹れた麦茶が「とても美味しい」と回答し、美味しさが実証されました。
 なお、麦茶は水出し麦茶の元祖ともいえる、石垣食品の「フジミネラル麦茶」を使用いたしました。

 実習後には参加者全員に、ペットボトルを買わずとも、水道水さえあれば、いつでもどこでもおいしい水が飲める浄水フィルター付きボトル「fill&go Active」をプレゼントいたしました。「fill&go Active」を使えば、調理の場に限らず外出のシーンでもおいしい水をエコかつ経済的にお楽しみいただけます。

 これからも、BRITAは様々なシーンにおいて、ブリタのおいしい水を楽しんでいただける活動を実施してまいります。

【ABCクッキングスタジオアンケート実施概要】

■開催日:
2019年5月23日(木)
■参加者:
ABCクッキングスタジオの先生 32名
■調査方法:
水道水、ミネラルウォーター、ブリタのポット型浄水器「Style」でろ過した水で淹れた3種類の麦茶を飲み比べ、それぞれの味を5段階で評価。

■水出し麦茶ではブリタで淹れた麦茶の風味・香りが際立つ!

 アンケートの結果、ブリタの水で淹れた麦茶を「とても美味しいと感じた」と回答した方が約94%おり、「まあまあ美味しい」と回答した人を合わせると32名全員が美味しさを感じる結果となりました。なお、ミネラルウォーターで入れた麦茶が「とても美味しい」と回答した方は約3%、水道水で淹れた麦茶が「とても美味しい」と回答した方は0%であったことからも、ブリタで淹れた麦茶はABCクッキングスタジオの先生も認めるおいしい麦茶であるということが分かりました。その他、自由回答では約4割の方からブリタで淹れた麦茶から「麦茶の風味・香りを感じた」という声や、約3割の方から「丸みやまろやかさを感じた」とのコメントが集まりました。まろやかさに関しては、「Style」のろ過フィルターである「マスクトラプラス」が、水道水に含まれる不純物を取り除くことが関係しているからだと推測できます。

Q.先ほど飲んでいただいた麦茶について、味の感想を教えてください。(n=32)
 (1731)

■約4割の方が手間をかけ、水道水を煮出して麦茶を作っている!
 普段の麦茶の飲み方を質問したところ、水道水を利用して煮出している方が全体の約4割を占めており、手間をかけて煮だして麦茶を作っている方が多いことが分かります。

Q.普段どのような方法で麦茶を用意していますか?(n=32)
 (1733)

 今回の調査では、「水道水とミネラルウォーターでは味の変化があまり分からなかったが、ブリタで淹れた麦茶はこれほど味が変わることに感動した」「水出しでもこれほど美味しくなることに驚いた」などといったコメントが集まり、煮出す手間をかけずとも、ブリタで淹れた水出しの麦茶が美味しいということが実証されました。
 さらに、普段ペットボトルの麦茶を購入している方からは、「ブリタで淹れた麦茶は麦の味がしっかりと感じられた」「いつも購入している商品と近い味がした」などのコメントがあり、ペットボトルの麦茶を購入せずともブリタを使えば美味しい麦茶が手軽に飲める点が嬉しいとの声も聞かれました。

【「Style」製品概要】

■製品名:
Style(スタイル)
■販売開始時期:
2017年9月7日(木)
■参考価格:
ライム マクストラプラスカートリッジ1個付き;3,980円(税抜)
ブルー マクストラプラスカートリッジ1個付き;3,980円(税抜)
グレー マクストラプラスカートリッジ3個付き;4,980円(税抜)
■ろ過流量:
0.17L/分
■ろ材の種類:
活性炭、イオン交換樹脂
■浄水能力(除去物質):
遊離残留塩素/溶解性鉛/総トリハロメタン/2-MIB/CAT/テトラクロロエチレン/トリクロロエチレン/1.1.1-トリクロロエタン/クロロホルム/ブロモジクロロメタン/ジブロモクロロメタン/ブロモホルム
■交換の目安:
8週間に1回(1日3.5ℓ使用の場合)
■取り扱い店舗:
全国の主要総合量販店、専門店、家電量販店など
*グレー マクストラプラスカートリッジ3個付きは専門店、百貨店などでの展開
 (1737)

【BRITAについて】

ブリタは、1966年ドイツで誕生。
現在では、25の子会社、45以上のパートナーシップのもと、
世界66カ国以上で広く親しまれている浄水器のリーディングブランドです。
欧州では家庭用浄水器だけでなく、
業務用ろ過システムの開発、製造、販売も展開しています。
会社名:
BRITA Japan株式会社(ブリタ・ジャパン株式会社)
本社:
東京都中央区銀座3-15-10菱進銀座イーストミラービル7F
ウェブサイト:
www.brita.co.jp
モバイルサイト:
www.m.brita.co.jp

関連する記事

著者