紅茶のフレーバーティーはよく聞きますが、最近では日本茶をベースとしたフレーバーティーもじわじわ人気を伸ばしているそうです。
日本では各飲料メーカーが、緑茶にハーブや果汁、甘味などをプラスしたペットボトル飲料を売り出しています。
またヨーロッパでは、緑茶の苦みや青臭さを苦手とする人たちが砂糖やドライフルーツを加えて楽しんでいるとか。

たまには日本茶で自家製フレーバーティーを作ってみませんか?
 (339)

緑茶ハーブティー

【材料(1人前)】
・緑茶:ティースプーン1杯
・レモングラス:大さじ2杯
・ペパーミント:大さじ1杯
・ローズマリー:ひとつまみ

材料をすべて急須の中に入れ、80度くらいまで冷ましたお湯を注いで1分ほど待ち、湯飲みやカップに注ぐだけ。
レモングラスは風邪予防に、ペパーミントは脳をスッキリさせるのに良いといわれ、ローズマリーは「若返りのハーブ」として知られています。

緑茶フルーツティー

【材料(1人前)】
・緑茶:ティースプーン1杯
・お好みのドライフルーツ:適宜

急須に茶葉と80度くらいに冷ましたお湯を注いで1分ほど待ち、湯飲みやカップに注いだら、ドライフルーツを入れるだけ。
時間が経つとドライフルーツの甘味や香りが緑茶に移り、フルーツティーとなります。
柑橘系ならなんでも合わせやすく、またリンゴやイチゴ、クランベリーとも相性が良いです。
 (340)

ジンジャーほうじ茶ラテ

【材料(1人前)】
・ほうじ茶:ティースプーン山盛り2杯
・牛乳:100cc
・すりおろしショウガ(ショウガパウダーでもOK):ティースプーン軽く1杯
・シナモンパウダー(スティックでもOK):適宜

(1)急須に茶葉と95度くらいのお湯を100ccほど注いで1分ほど待ちます。
(2)待っている間に牛乳を温めます。
(3)おおぶりのマグカップに(1)と(2)、ショウガとシナモンを入れてよく混ぜます。
お好みで砂糖など甘味料を加えても良いでしょう。

関連する記事

著者