こんにちは!

新緑園では浄水器のお水を使って、美味しい日本茶を淹れております。
今回は、普段ご自宅で日本茶を淹れる時の「お水」について、考えてみました。
 (2185)

日本茶の味は使用する「水」によって大きく変わります。
一般的にお茶と相性のいい水は「軟水」です。

日本の水道水は軟水なのですが、水道水には消毒の為にカルキ(塩素)が添加されていて、そのカルキ臭がお茶の味や香りを損なわせます。

水道水でもカルキ臭をしっかり抜けば、美味しいお茶を淹れることができます


◆水道水のカルキ臭の抜き方◆

<沸騰させる>
ヤカンに入れて火にかけ、沸騰し始めたらふたを開ける。
3分~5分の間しっかり沸騰させ続け、カルキを飛ばす。

<浄水器や浄水ポットでろ過する>
ヤカンで沸騰させるよりも効果的で、水道水の中のカルキを90%以上除去することが可能です。
ミネラルウォーターにも負けない美味しい水に生まれ変わります。
またお茶だけでなく、他飲料やお料理も美味しくいただけます。
今回は浄水方法など、いくつかご紹介したいと思います^^


ミネラルウォーター

 (2200)

一番お手軽なのが「ミネラルウォーター」

重たい物ですので、最近はネットで購入したり
ウォーターサーバーを利用される方も多いと思います。

日本茶に合うのは「軟水」ですので、その点を気をつければ
いつでも美味しい日本茶を淹れる事が出来ます^^

【メリット】
・お手軽
・色々なお水を試せる

【デメリット】
・重たいので、持ち運びが大変
・都度購入が必要

ポット式浄水器

 (2191)

ポット型浄水器は、普段の水道からポットにお水を淹れるだけです。
フィルターを通して、お水を濾過してくれます。

ポピュラーなポット型浄水器に、『BRITA(ブリタ)』などがあります。

大変お手軽なのですが、濾過に少し時間がかかるのと容量が2リットル程度なので
家族が多かったり、お料理に使用すると追いつかないかもしれません。

お茶を淹れる程度でしたら、十分オススメです^^

【メリット】
・持ち運びが不要
・水道から直接使用できる

【デメリット】
・定期的にフィルター交換が必要
・濾過に少々時間がかかるので、大人数や調理時には不向き

ビルトイン浄水器・蛇口取り付け型浄水器

 (2201)

キッチンの蛇口に取り付ける浄水器、またはシンク下に取り付けたビルトイン浄水器があります。

我が家はケチってビルトイン浄水器にしなかったのですが、先日 後付けの蛇口型浄水器をつけようとしたら型が合わず、つける事が出来ませんでした^^;

【メリット】
・持ち運びが不要
・多人数にも対応可能

【デメリット】
・初期費用が高額
・メンテナンスが必要

 (2198)


いかがでしたか?

選択肢の多い浄水の世界。
自分の生活スタイルに合った方法を見つけて、美味しい日本茶を楽しんでくださいね♪

次回は「美味しい日本茶の淹れ方」についてご紹介したいと思います^^
お楽しみに!

関連する記事

著者