「まれもの」とは

宮崎での1番茶入札点数は5,700点程。

その中で新緑園「まれもの」の原料に出会い、選択出来るのは希なこと。

全国茶審査技術競技大会にて九段を取得した茶匠 黒木が、様々な茶原料の中から「まれ」にしか手に入らない特に品質が優れた「一期一会」の茶葉を厳選し仕上げた一品が「まれもの」です。

旨味とコクが濃厚な品種「おくみどり」を中心に、優雅な香りを持つ希少品種「おくゆたか」、さらに馴染み深い品種「やぶきた」をブレンド。

品種を分け、ブレンドを想像しながら、緊張感ある火入れを行います。

失敗や妥協を許さず、丁寧に仕上げていきます。

各品種の長所を越える折れ線グラフの頂点品質を目指し、茶葉の厳選から火入れに至るまで究極の味を追求した一品「まれもの」が完成します。

「まれもの」の美味しい淹れ方

温度や淹れ方で味が変わるのが日本茶。

ぜひ美味しく飲んでいただきたいです。


一、沸騰したお湯を六十五度〜七十度に冷まします。

二、茶葉を通常の二倍ほど(お湯100ccに対し茶葉五グラム)を急須に入れます。

三、冷ましたお湯を注ぎ、急須を揺らさず九十秒ほど待ちます。

注ぎ分ける場合は、茶碗に交互に回し注ぎ、最後の一滴まで注ぎ切ってください。

※お一人様分の場合

動画でみる

鑑定力9段の高級茶「まれもの」失敗しない淹れ方

 (8505)

黄金色の色と、他とは違う味わいをぜひお楽しみ下さい!

関連する記事

関連するキーワード

著者