Japanese Tea Selection Parisとは

パリで唯一の日本茶コンクール「ジャパニーズティー・セレクション・パリ」。2017年から開催し、今年は3度目を迎えます。毎年多くの日本茶生産者様にご参加頂き、当地フランスで、また日本で、徐々に話題になっております。過去2回は弊社主催の日本食イベント「セボン・ル・ジャポン」内で開催しておりましたが、今後は更に専門性を高め、第3回目より独立した品評会として実施します。

コンクールでは、日本茶インストラクター協会より任命されたフランスにおける日本茶大使 能宗美佐子氏 の監修の下、厳正な審査を行います。計4回行われる審査では、毎回会場を変え、フランス人一般人からフランス料理界トップシェフ、フランス茶業界バイヤーなど、様々な審査員を迎えます。
公式サイトより

今年初挑戦しました。

日本茶インストラクター協会認定の “パリ日本茶大使” の監修の下で審査が行われます。

一次審査、二次審査、そして最終審査で金賞・銀賞・銅賞が決定。

その結果、新緑園のお茶が2つ入賞いたしました!

銀賞「まれもの」

 (4254)

 (4257)

宮崎県のトップクラスを走る高い技術と熱い想いで向き合っている生産者のお茶。
2019年産「まれもの」は旨味とコクが濃厚な品種「おくみどり」を中心に、優雅な香りを持つ希少品種「おくゆたか」、さらに馴染み深い品種「やぶきた」を足しながら、各品種の長所を越える折れ線グラフの頂点品質を目指し厳選ブレンドしております。

品種を分けブレンドを想像しながら、緊張感ある火入れを行います。

失敗や妥協を許さず、丁寧に仕上げていきます。
抽出後の茶葉も、浅蒸しの輝き磨かれた一葉一葉を感じられます。

金賞「特撰深蒸し茶」

 (4260)

そして、129のお茶の中から13が金賞受賞茶に選ばれました。
煎茶部門では6つ。
 (4261)

これまでにも多くの賞を受賞してきた「特撰深蒸し茶」
まろやかであまみが強く、お客様にもスタッフにも人気のお茶です。

使用した原料の品種は「さえみどり」のみで構成され、濃緑な水色に上品な甘み旨みがお楽しみ頂けます。

柔らかな香りやまろやかな味わいを損なわないよう、原料の長所を伸ばす火入れを丁寧に行いました。
二煎目の色・味わいも魅力です。

来年1月に最優秀賞が決定

2020年1月27日
パリ五つ星ホテル『リッツ パリ』内で、金賞受賞商品のみを対象とした、各部門の最優秀商品を選出する特別審査会が行われます。
今回の受賞も、ひとえに皆様のお力添えのおかげと、深く感謝しております。

誠にありがとうございます。

これからも、宮崎茶の魅力を全国・世界に知って頂けるようスタッフ一同努めてまいります。

受賞記念セット

受賞記念特別セット (まれもの80g・特撰深蒸し茶100g) 美味しい日本茶

3,759
パリで唯一の日本茶コンクール「ジャパニーズティー・セレクション・パリ2019」において受賞した2商品を特別数量限定ギフトで販売。

関連する記事

関連するキーワード

著者