(2151)

昨日のティーバッグに続き、今日は茶葉から作る「本格水出し茶」をご紹介します!
水出し茶は専用のお茶の葉でしか作れないと思われがちですが、実はそんなことはありません。
普段使いのお茶の葉で作れます。
お茶の種類も、抽出し時間などの差はありますが、基本的にどんなお茶でも作れるんですよ~!
こちらが今お店でご用意している4種類です。
 (2160)

玄米茶

緑茶に炒り玄米、抹茶をブレンド。
香ばしくほっとする味わいの玄米茶。
水出しでも飲みやすくておいしかったです!

夏茶だより(季節限定)

水でもお湯でもお使いいただけますが、この季節水出しでも味がしっかりと出るように、強めの火入れで仕上げています。
この4種の中では旨み甘みが最強です!色も一番きれいな緑色が出ていますね!

白折茶

上質な茶葉から抜き分けた茎の部分。
スッキリとした清涼感が特徴の白折茶。水出しは今回初めて飲みました!
一口目は甘く、そのあとはハーブティーのようなフルーティーな味でした。

ほうじ茶

上質な白折茶を、直火式回転ドラムで高温火入れし焙じた「特撰ほうじ茶」。
ほうじ茶は、あたたかいお茶を寒い季節に飲むイメージが強いですが、水出しもできるんですよ~。
独特の香りとすっきりした味わいです。
お店では、抹茶ソフトクリームの後のお口直しにもお出ししています。
 (2163)

もっと時間をかけて贅沢な「氷出し茶」や、炭酸割りの「スパークリング日本茶」など、いろいろな水出し茶の飲み比べをしてみてくださいね(^^)

関連する記事

著者