日本茶といえば、新茶、煎茶、深蒸し茶、ほうじ茶がまず思い浮かびますが、種類だけでも数十種類。さらに、お湯や水出しとしていくとさらに多種類があります。

今回は新緑園で販売している種類をご紹介。
自分好みの味を見つける参考になれば幸いです。
 (10266)

煎茶

一番一般的なお茶が「煎茶」です。
蒸した茶葉を針状に成形したもの。
つやがあって、鮮やかな濃い緑色が良いお茶です。

当店の煎茶は甘みとコクとほのかな渋みのバランスが絶妙です。
遠赤外線で焙煎し、飲み口がまろやかな煎茶に仕上がりました。
新緑園には4つの煎茶(極上、特撰、上、500円)がありますがが、それらはすべて1番茶。グレードの高いものだけをご用意しています。

新緑園最高級茶の「まれもの」もこの煎茶となります。

深蒸し茶

煎茶よりも長く、倍以上の長い時間で蒸したものが深蒸し茶。
長く蒸すことで渋みが抑えられ甘みが増します。
葉が細かくなりやすいので粉が多くなり、抽出すると濃い緑色が出ます。
特に関東方面ではこの深蒸し茶が好まれているようです。

当店の商品では「さえみどり」という品種を使用した「特撰深蒸し茶」が人気です。
深い味わいと鮮明な緑色が特徴の、渋みの無いお茶です。

ぐり茶

ぐり茶は九州の特産のお茶です。
茶の形を整える工程が省かれているため、勾玉のようなカール上の形をしています。
スッキリした飲み口が特徴です。

当園のぐり茶は、焙煎温度を煎茶に比べて高くし、香りの良さも追求しました。

白折茶

白折茶とは、煎茶の加工工程から出た茎のことです。
その呼び方は地域によっても様々で、白折、かりがね、茎茶、棒茶とも呼ばれます。
「茶柱が立つ」の茶柱はお茶の茎のことで、白折は縁起の良いお茶でも知られています。
「シラオレ」という呼び名は西日本特有のもので、関東では棒茶、茎茶などと呼ばれています。
茎はうまみと甘みの成分「テアニン」が多く含まれている部分であり、煎茶に比べ渋みが少なく、品のある清々しい茎の香りと煎茶では味わえない甘さが特徴です。

当店の白折茶は、茎茶の部分を強火で焙煎しましたので、特有の甘みと香りが格別です。

また、白折茶は焦げにくく、癒しの香り成分が立つので茶香炉にもおすすめです。

芽茶

芽茶はお茶を加工する際に網でふるって抜き分けた旨み成分の詰まったお茶です。

味が凝縮し、コクがある深い味わいが特徴。

新緑園の芽茶は120g入りで他の商品よりも少しお得なのも嬉しいところです。

ほうじ茶

番茶や茎を、褐色になるまで強火で焙煎したもの。
香ばしい香りで口の中をスッキリとさせるので、食後や甘いものによく合います。
元々は、京都の茶商が大正末期〜昭和初期にお茶が売れずに考え出したそうです。
最近は、ほうじ茶を使ったスイーツやドリンクが大人気ですよね。


当店では、1番茶の茎を選択した上品な香ばしさの「特撰ほうじ茶」と、
宮崎特産の釜炒り茶を使った「釜炒りほうじ茶」がございます。

玄米茶

お茶に玄米を混ぜたもの。
香ばしい香りが特徴です。
ほうじ茶と同じく、元々は下級のお茶の香りを引き立てるために関西で考案されたと言われています。

当店の「特撰玄米茶(抹茶入り)」は、玄米茶、抹茶ともに最高ランクの物を使用し、ぐり茶とブレンドしました。
そのほかにも、水出しでも美味しくなるようにな玄米にこだわったティーバッグもございます。

ティーバッグ

抽出した後に茶漉しを使うことなくお茶を飲むことができるようになっています。

ティーバッグの日本茶は安いお茶で美味しくない、という固定概念は昔の話。
いまやメッシュも良質なものが生まれ、中の茶葉にもこだわったものがたくさん登場しています。

ティーバッグであれば相手が急須を持っているかを心配する必要がなく、プレゼントにもおすすめです。


当店ではポットで大容量の水出し茶が作れるものから、一人分のマグカップサイズまで多くの種類をご用意しております。

粉末茶

抹茶や粉末緑茶など。
お茶を丸ごと摂取できるので健康面で人気です。
急須を使わずお湯にそのまま溶かせるので手軽に飲むことができます。
また、お料理にも使えて便利です。

新緑園の「おためしセット」は送料無料!

自分がどんな味わいが好みかどうか飲み比べてみたい方には「おためしセット」がおすすめです。
ご紹介した種類の中から、新緑園スタッフがの厳選したセットとなっております。

送料無料でお届けいたします。

茶葉3種セット

新緑園の定番商品3種類

「特撰煎茶」「特撰深蒸し茶」「特撰ぐり茶」

味、香り、色、それぞれちがった特徴があり、飲み比べにぴったりです。

ティーバッグ4種セット

「急須で淹れたみたいに美味しい煎茶ティーバッグ」
「特撰水出し茶ティーバッグ」
「釜炒りほうじ茶ティーバッグ」
「抹茶入り 玄米茶ティーバッグ」

こちらもそれぞれに特徴のある、種類の違うセットです。

関連する記事

関連するキーワード

著者