林家木久扇

落語家の林家木久扇師匠のお茶エッセイ

林家木久扇に関する記事

四、林家木久扇師匠が語る「林家正蔵とお茶の時間」

見習い時代におかみさんから淹れてもらったお茶が一番好きだという、御年八十四歳の木久扇師匠。お茶の種類や産地も大事ですが、茶葉から丁寧にお茶を淹れてゆったりと誰かと味わう、その時間こそが日本茶の魅力なのでしょう。今月は、長火鉢や銅壷などレトロなアイテムたちが醸し出す、昭和レトロなお茶のひと時をお楽しみください。

記事を読む
10 件

関連するタグ