目次

毎年夏になるとネットで目にする「抹茶ビアガーデン」の文字。
行ってみたいなぁと思いつつ、何年もスルーしてきたんですが
「今年こそ行こう!」と一念発起して検索してみました。
なるほど。「RESTAURANT 1899 OCHANOMIZU」というお店でやっているのね。
ん?1899ってどっかで聞いたことあるような……。
調べてみると先月行った「DELI&BAR 1899 TOKYO」と同じ会社が運営とのこと。
似たようなお店かも、という不安もありましたが
デリとビアガーデンは別物だし、似てたらその時また別のお店を紹介しよう!
ということで行ってきました。
 (1877)

都会とは言え、新宿や渋谷に比べると圧倒的に暗い夜のお茶の水。
3分ほど歩くと見えてくる明かりにホッとします。
見覚えのある日除けのれんのロゴ。ここで間違いない。
 (1879)

テーブル席に案内してもらうと、おしぼりと冷茶が出てきます。
いつもならお酒の前にお冷は飲みませんが
せっかくのお茶なので飲んでみるとスッキリした味わい。
昼間の蒸し暑さで疲れた体がシャキッとします。
そしてテーブルの上には茶葉が入ったガラス瓶。
これは香りを楽しむためだそうです。
茎が多く、さほど濃くありませんが爽やかないい香り♪
 (1881)

さて注文。
ドリンクメニューを見ると、抹茶ビール、抹茶黒ビール、ほうじ茶黒ビール、
和紅茶ビール、和紅茶黒ビール、抹茶ノンアルコールビール、抹茶ワイン、
抹茶ハイボール、とオリジナルドリンクの種類が豊富です。
ほかにもお茶が入っていない普通のアルコールやソフトドリンクもたくさんありました。
日本茶好きとしては、お茶の種類が豊富なのは嬉しくなっちゃいますね。
 (1883)

やはり「抹茶ビアガーデン」ですから、1杯目は抹茶ビールでしょう。
連れはほうじ茶黒ビールを頼んで乾杯。
私はビールの苦みがあまり得意でないんですけど、これはとてもクリア!
抹茶の風味でビールの苦みが抑えられていて、ぐいぐい飲めました。
ほうじ茶黒ビールは一口飲ませてもらったところ
抹茶ビールよりは苦みがあるものの、
やはり普通の黒ビールより飲みやすくなっています。
ただ黒ビールの主張が強くて、ほうじ茶の風味はあまり感じなかったかな。
 (1885)

喉が潤ったところでおつまみ選び。
抹茶ポテトサラダなど「DELI&BAR 1899 TOKYO」と
同じメニューもありましたが、ほとんどは別メニューです。
まずは「おつまみセット」を注文しました。
抹茶レバーペースト(竹炭プルマン添え)、枝豆、信州産酒粕漬けベーコン、
スモークチーズの盛り合わせ。
ベーコンはお肉のうまみたっぷりでコクがあって脂身が甘い!
この日頼んだお料理の中で一番美味しかったです!
単品メニューにないのが残念なくらい。
 (1887)

真っ黒いパンに抹茶色のペーストを塗るのは見た目のインパクトが凄い(笑)。
でも食べてみるとレバーの臭みはなく、パンがモチッとして優しい味わい。
ピンクペッパーもいいアクセントでした。
 (1889)

次に頼んだのが、彩り野菜の茶~ニャカウダ。
抹茶入りのソースがビックリするほどぬるい。
キャンドルで温めているので待ってみたのですが、いつまで経ってもぬるいのです。
そして味が薄い。スープとして飲んだら美味しかったかもしれませんが、
生野菜を付けても味がなじまない。
野菜が下味をつけて茹でてあったらまた違ったかも?
 (1891)

2杯目は和紅茶ビールと抹茶ハイボール。
どちらも飲みやすかったです。
 (1893)

熱くてしょっぱいものが食べたくなってお茶ソーセージを。
緑茶の風味はよく分からなかったですが
よく焼けた皮がパリッとして、噛みしめると肉汁がじゅわっと。
そうそう、こういうのが食べたいって期待した味。お酒が進みます。
 (1895)

3杯目は抹茶ワインと紀州緑茶梅酒。
抹茶ワインは私には合いませんでした。
抹茶とワインの組み合わせが私の好みではないのか、
それともこの白ワイン自体が好みではないのか……。
紀州緑茶梅酒はとても美味しかったです!
ロックにしたのですが、緑茶の風味が爽やかで甘さが上品。
ぜひ梅酒好きの人に飲んでもらいたい。
 (1897)

最後にお豆富サラダ、茶葉と酒盗のピザを注文。
サラダのドレッシングは抹茶、玉ねぎ、柚子味噌から選べます。
生野菜、茹で野菜、かぼちゃチップスと、いろいろな歯ごたえが楽しい。
抹茶豆腐は茶塩で食べても美味しかったです。
茶葉と酒盗のピザは、茶葉が合わなかったらどうしようとドキドキしましたが
食べてみると青菜感覚で食べられました。
焼けたトマトやチーズとも相性バッチリ。
家で試したくなりましたが、さすがに普通の茶葉では難しそう。
 (1899)

 (1900)

入口付近にはオリジナルギフトがディスプレイされています。
「DELI&BAR 1899 TOKYO」のものとはまた違っていて
特に茶葉やお菓子が入っている缶のデザインが素敵でした。
外国人の方への贈り物にも喜ばれそうですね。

ビアガーデンと銘打っているので、つい大衆的なものを想像してしまいましたが
たたずまいといい、お料理といい、とても上品なお店でした。
店員さんのホスピタリティも丁寧です。
「今夜は飲むぞ~!」という気分の時より、
ヘルシーなお料理を楽しみつつお酒も欲しい時にオススメ。
緑に囲まれたテラス席が素敵だったので
次は明るい時に、ちょっと豪華なランチの「茶寿膳」をオーダーしたいです。
 (1902)

<店舗概要>
店名:RESTAURANT 1899 OCHANOMIZU
   (レストラン イチハチキュウキュウ オチャノミズ)
所在地:〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-4
アクセス:JR 御茶ノ水駅 聖橋口から徒歩3分
     東京メトロ 新御茶ノ水駅、淡路町駅、
     都営地下鉄 小川町駅からそれぞれ徒歩1分
営業時間:ランチ 11:00~15:00 (L.O.14:30)
     カフェ 14:00~16:30 (L.O.16:00)
     ディナー 17:30~23:00 (L.O.22:00)
     ※日・祝は~22:00(L.O.21:00)
定休日:なし
電話:03-3251-1150
URL: https://www.1899.jp/ochanomizu/

関連する記事

著者