目次

今年9月、JR有楽町駅と新橋駅を結ぶ高架下に
商業施設「日比谷OKUROJI(奥路地)」がオープン。
築100年を超える赤レンガを生かし、
「通な大人の通り道」として生まれ変わりました。
今回訪れたのは、この日比谷OKUROJIにある
和菓子テイクアウト専門店「和菓子 楚々」です。
 (8864)

アーチごとにいろんな飲食店が軒を連ねる外観。
昼間よりも夜よりも、夕方このくらいの時間帯が
ロマンティックで映えると思います。
 (8866)

内観は白と黒のシンプルモダンですが、
 (8868)

ところどころのぞくレンガの古い質感が印象的です。
 (8870)

アジサイやイガグリなどドライフラワーのアレンジメント。
 (8872)

銀座寄りのG16に目指すお店がありました。
よく見ると看板の文字や白い暖簾に和を感じますが
お店全体は一見しただけでは和菓子屋と思えないモダンな佇まい。
 (8874)

店内はライトグレーを基調とした、極限までシンプルな作りです。
 (8876)

陳列された看板商品のDango(串団子)。
パッケージもシンプルかつスタイリッシュです。
値段もお手頃なので、気軽に誰かに差し入れしたくなります。
味は通常商品のみたらし、こしあん、黒ごま、くるみ味噌、
のり醤油の5種類のほか、この日は期間限定のほうじ茶栗がありました。
 (8878)

 (8879)

 (8880)

ほかにもフィナンシェやかりんとう、クッキーも販売しています。
こちらのパッケージもシンプルでスタイリッシュ。

来る前に商品をチェックして、一番興味をひかれたのが
もう一つの看板商品Suama(すあま)。
くるみメープルや抹茶、チョコアーモンドなど
フレーバーがユニークで食べてみたかったのですが、
残念ながらこの日は販売していないとのこと。
確実に買いたい方は電話で確認した方がいいかもしれません。
 (8882)

お菓子のほか、オーガニックコーヒーや無農薬のお茶も注文できます。
 (8885)

Dangoを3種類と、超特級煎茶をアイスで購入。
施設内のテーブルでいただきました。
お茶は水色が淡く、飲んでみると甘みはありますが
旨み、苦み、渋みはかなり控えめ。
非常にクリアなのど越しでした。
紅茶専門店「SALON DE THÉ LÙVOND
(サロン・ド・テ・ラヴォンド)」の監修だそうです。
 (8887)

Dangoはパッケージこそカッコいいものの、
中身はまごうことなき昔ながらのお団子です。
みたらしというと色が濃く透明なたれが多いですが、
これはほんの少し曇りがかっていて色が明るめなのが手作りっぽい。
味は甘さ控えめで、もっちもちの生地と相まって
懐かしく優しい味わい。
焼き目がついたところはほんのり香ばしさがありました。

普段お茶は濃い目が好きなのですが、
合わせるお菓子が優しい味なら
このくらいクリアな方が合うのかもしれませんね。
 (8889)

さて、「和菓子 楚々」の右隣には、同じ会社が運営する
そうめん専門店「そうめん そそそ~その先へ~」があります。
もうちょっとお団子を食べたい気持ちを抑え
こちらで早めの夕食をとることにしました。
 (8891)

こちらは黒基調のシックなお店です。
 (8893)

店内で購入できるそうめんのパッケージもカッコいい!
 (8895)

メニューはシンプルなつけめんやぶっかけのほか、
 (8897)

 (8898)

洋風、中華風、アジア風など変わり種もいろいろ。
 (8900)

 (8901)

そうめんにカニやすき焼き、フカヒレ、オマール海老を合わせるなんて
すごいアイデアです。
 (8903)

私が頼んだのは、ふわふわ釜玉そうめん900円。
卵、ネギ、かつおぶしと具はシンプルですが
卵白がメレンゲ状になっているのがユニーク。
だし醤油をかけて食べると細いそうめんに
卵がたっぷり絡んで美味しい!
ネギやかつおぶしも香り高く、あっという間に完食しました。
たぶん運ばれてきてから5分もかかってないかも。
「お団子食べた後なのに、もう1品食べられるのでは……?」
と迷いましたが、しばらく休んでいたら徐々に満腹感を感じ
追加注文はやめました。
満腹中枢が血糖値の上昇を感知するまでに
約15分かかるとされています。
早食いによる食べすぎには注意しないといけませんね(笑)。

「そうめん そそそ~その先へ~」ではティータイムに
「和菓子 楚々」のお菓子を注文してイートインも可能。
次回はぜひSuamaのある時に来たいですね。
 (8905)

Dangoの賞味期限は当日なのですが、
一緒に買って持ち帰った黒ごまとくるみ味噌は翌朝に食べました。
十分柔らかくて美味しかったです。
黒ごまは香ばしく、みたらしよりもややしょっぱ味が強め。
くるみ味噌はさらにしょっぱ味が強く、
大粒に砕いたくるみたっぷり。
甘いのが苦手な人でも食べられそう。
急須で自分好みの濃いめに淹れたほうじ茶によく合いました。
<店舗概要>
店名:和菓子 楚々(ワガシ ソソ)
所在地:〒100-0011 東京都千代田区内幸町1-7-1
    日比谷OKUROJI G16
アクセス:JR有楽町駅 日比谷口より徒歩6分
     JR新橋駅 日比谷口より徒歩6分
     東京メトロ銀座駅より徒歩6分
     東京メトロ日比谷駅より徒歩6分
     都営地下鉄 内幸町駅より徒歩5分
営業時間:月~金10:00~20:00
     土・日・祝11:00~20:00
定休日:なし
電話:03-6205-7174
URL: http://soso-tokyo.com/wagashi
 (8909)

関連する記事

著者